水のトラブルの応急処置

もしも水のトラブルが起きてしまったならば、業者を呼ぶまえに自分でできる応急処置をしましょう。そうすれば、被害が拡大してしまうのを防ぐことができます。応急処置の方法についていくつか紹介します。

■水の流れを止める

もしも水が漏れているのであれば、水の流れを止めてしまうことによって水漏れの拡大を防ぐことができます。これによって根本的な問題を解決することができなくても、業者が来るまでに被害を最小限に抑えることができます。
水の流れを止めるためには、止水栓や元栓を締めます。止水栓が分かりにくいのであれば、元栓を締めることで、完全に水を止められます。



■ラバーカップや薬剤を用いる

トイレが詰まってしまった場合は、ラバーカップを用いれば解決することがあります。万が一のために、ラバーカップは常にトイレの室内に設置しておくことをおすすめします。
また、薬剤を用いることによって、詰まりの原因となっているものを溶かすという方法もあります。しかし、市販の薬剤では効果が得られないこともありますので、その場合は業者に依頼します。自分で解決できるのであれば、詰まりについては業者を呼ばなくても解決するケースは少なくありません。



■まとめ
水のトラブルは被害が大きくなると周囲に迷惑をかけてしまう可能性があります。そのため、できる限りの応急処置をした上で業者を利用するとよいです。最悪の事態を避けることができ、被害を最小限に抑えて問題を解決できるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ